ラブドールに興味ある?かなり可愛いんだがどうしよう。

みなさんラブドールって知ってます?人体をシリコンやTPE?とか何とかいう素材で再現したお人形さんみたいなんですけど、これがまた可愛いんですよ。

ラブドールとは人間をモデルとした等身大ドール全般のこと。最近ではその精巧な造形からリアルドールなどと呼ばれることもあります。

当初は主にシリコンで製造されていましたが、近年ではより柔らかく低価格化が可能な医療用TPE(熱可塑性エラストマー)製のラブドールの需要も高まっています。

造形の面では歴史が長く製造技術の成熟しているシリコン製がより精巧ですが価格の水準も上がる傾向にあります。よって、シリコン製とTPE製それぞれに長所・短所があり用途や好みによって需要は差別化されています。

近年ではその不変の美しさが各メディアでも大きく取り上げられ、これまでの【性的用途だけのもの】というイメージを大きく払拭し写真のモデルとして人気を集めるなど需要は大きく増加しています。

出典:はじめてのラブドール リアルドールライフさん

中国とかじゃ独身男性の間でものすごいラブドールブームなんだとか。

確かに3000万人の男余りは辛いところがありますもんね。そんなところにこんな可愛い嫁を20万くらいで買えるんだとしたらラブドールってコスパいいかもって思ってしまう気持ちがなんとなくわかってしまいます。

ちなみにラブドールって今はこんなに種類あるんすね…

ラブドールが出始めの頃の記憶

ちなみに私の遠い記憶ではありますがラブドールと言えば日本のオリエント工業さんってイメージがありました。

新しいモデルのラブドールが出たとか何とかでネットニュースを見た記憶があります。

多分その当時は顔の種類も数える程度しかなかったんじゃないですかね。多分ですが。

それに需要もそれほど高くなかったような気がします。一部のお金持ちが買うみたいなイメージ。

それが今は中国を筆頭として数百種類のラブドールが誕生してるってんだから驚きです。

中華ラブドールのサイトをいろいろ回ってきてみたんですが中にはめちゃくちゃタイプだなオイ…って感じてしまうようなラブドールもチラホラなんですよ(笑)

ラブドールの敷居が下がってきていると感じた

なんだか今の時代は個人の趣味なんかを簡単に発信できる時代じゃないですか。

一昔前はそんなことなかったんで珍しい趣味になれば同志を見つけるのも苦労しましたよね。

そこらへんの恩恵をラブドールも受けているんですよね多分。

Twitterとか見てみてもラブドールをモデルとして素晴らしい写真なんかを共有している人達が沢山おられます。

私みたいにラブドールをセックスドールとしてしか見ていなかった人間はそこで気づくんですよ。あぁこんな用途もあるのか…と。

それを理解して様々な応用が出来るラブドールって素敵じゃん!と感じる人も増えてきて段々とラブドールの認知度や可能性が認められつつありますよね。とてもいいことだと思いました。

昔だったらラブドール?この変態野郎!って言われたらそこで終了だったし、そういう用途でしか見れなかったんですよね。

だからラブドールの可能性に気づいてはいても購入するのが怖かったり後ろめたさを感じる人も多かったのではないかと感じました。

今このような時代になって自分の視野の狭さを実感する次第ですね…

ということで、ラブドールの今後の発展にも注目していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です