肌への刺激が少ない無添加コスメ

無添加コスメを私が使用した理由の一つとして「肌への刺激が少ない」といった事が挙げられます。

無添加ではないコスメ商品には人口添加物が余分に含まれていることがとても多く、刺激物に対してとても弱い私の肌には対多数の、言ってしまえば安価なコスメ商品は肌に合わないことが多いのです。

この記事では、そんな肌が弱い私がどのようなコスメを使用し気に入ったのかその商品の傾向と効果について記載していきたいと思います。

無添加とは「香料」「着色料」などが含まれていないことを指す

「香料」や「着色」、「鉱物油」「界面活性剤」といった人口添加物は「刺激性」であり肌への負担がとても大きいです。

これらは安価なコスメ商品に含まれていることが多く、安価なコスメは美容のための有効成分に少しでも液体や臭いを付加しようと、同じく安価である上記の人工添加物を投入しがちというわけなのです。

無添加コスメ、または無添加化粧品と呼び名は様々ですが、これらのコスメは化学物質が含まれていないので当然は肌に対しての刺激性が弱く比較的安心して使用できます。

無添加コスメは香料が使われておりませんがかすかな香りがし、天然の匂いにはリラックス作用があるので低刺激な効果と同時に自律神経の安定効果も期待できるのです。

その中でも人気なもので言うと、あきゅらいずのコスメなどがあります。

無添加コスメと言えども刺激が全く無いというわけではない

「香料」「鉱物油」といった化学物質が含まれていないからといって、肌に刺激を与えず使用できるというわけではありません。

これら肌に有害なコスメに含まれる化学物質の基準としては、薬事法による「102種類の成分」が該当することになります。言ってしまえばこの102種類に含まれていない化学物質がコスメに配合されているという事もありえ、化学物質ですので当然肌に合わないといった人が存在することになるのです。

薬事法で定められた有害成分は2001年3月以前に発見された成分の事を指しており、それ以降に発見された有害成分はその基準に当てはまりません。

ですので無添加コスメと言えども肌に刺激性を持つ成分が含まれている可能性があるという事を知り、しっかりと成分表示一覧を確認することが大切です。

無添加コスメとオーガニック化粧品の違いについて

なんだか意味合いも似ておりこの二つに違いがあるのかと思ってしまう方も多いかと思われます。

この二つの定義は全くの別物であり、無添加コスメは薬事法に基づく「人工添加物」が一切使用されていな商品の事を指しており化学成分を使用しているという特徴を持ちます。

対してオーガニック化粧品は人口添加物含めた化学物質が一切含まれていないという特徴を持っており、完全な「天然成分」のみで構成されているという特徴を持っています。

無添加コスメに使用される化学物質はコスメを塗った際の伸びといった使用感を増すために好意的に使用されますが、やはり化学物質ですのでたとえ低刺激な成分であろうと肌に合わない人がいるのも当然です。

かといってオーガニック化粧品が完璧な化粧品というわけでもなく、効果が薄く使用感が悪いといった意見も多く存在しどちらの化粧品も一長一短な性能を持つという事になるのです。

無添加コスメまとめ

無添加コスメには少なくとも薬事法に基づく添加物が含まれておらず、これら102個種類のアレルギー成分に該当しないのであれば比較的安全に使用できるという事が分かってもらえたかと思います。

オススメの入会先は1919gogo.comでしょう。

肌に低刺激だからと言っても、コスメという物は自身の肌とは別の物質を塗ることには変わりなく、人によって肌の状態はさまざまなですので自身のアレルギーや過去どのような食品、どのような物質で拒絶反応が出たかを照らし合わせ最適なコスメ選びを行う事が大切なのです。