「エイジングケア」カテゴリーアーカイブ

肌への刺激が少ない無添加コスメ

無添加コスメを私が使用した理由の一つとして「肌への刺激が少ない」といった事が挙げられます。

無添加ではないコスメ商品には人口添加物が余分に含まれていることがとても多く、刺激物に対してとても弱い私の肌には対多数の、言ってしまえば安価なコスメ商品は肌に合わないことが多いのです。

この記事では、そんな肌が弱い私がどのようなコスメを使用し気に入ったのかその商品の傾向と効果について記載していきたいと思います。

無添加とは「香料」「着色料」などが含まれていないことを指す

「香料」や「着色」、「鉱物油」「界面活性剤」といった人口添加物は「刺激性」であり肌への負担がとても大きいです。

これらは安価なコスメ商品に含まれていることが多く、安価なコスメは美容のための有効成分に少しでも液体や臭いを付加しようと、同じく安価である上記の人工添加物を投入しがちというわけなのです。

無添加コスメ、または無添加化粧品と呼び名は様々ですが、これらのコスメは化学物質が含まれていないので当然は肌に対しての刺激性が弱く比較的安心して使用できます。

無添加コスメは香料が使われておりませんがかすかな香りがし、天然の匂いにはリラックス作用があるので低刺激な効果と同時に自律神経の安定効果も期待できるのです。

その中でも人気なもので言うと、あきゅらいずのコスメなどがあります。

無添加コスメと言えども刺激が全く無いというわけではない

「香料」「鉱物油」といった化学物質が含まれていないからといって、肌に刺激を与えず使用できるというわけではありません。

これら肌に有害なコスメに含まれる化学物質の基準としては、薬事法による「102種類の成分」が該当することになります。言ってしまえばこの102種類に含まれていない化学物質がコスメに配合されているという事もありえ、化学物質ですので当然肌に合わないといった人が存在することになるのです。

薬事法で定められた有害成分は2001年3月以前に発見された成分の事を指しており、それ以降に発見された有害成分はその基準に当てはまりません。

ですので無添加コスメと言えども肌に刺激性を持つ成分が含まれている可能性があるという事を知り、しっかりと成分表示一覧を確認することが大切です。

無添加コスメとオーガニック化粧品の違いについて

なんだか意味合いも似ておりこの二つに違いがあるのかと思ってしまう方も多いかと思われます。

この二つの定義は全くの別物であり、無添加コスメは薬事法に基づく「人工添加物」が一切使用されていな商品の事を指しており化学成分を使用しているという特徴を持ちます。

対してオーガニック化粧品は人口添加物含めた化学物質が一切含まれていないという特徴を持っており、完全な「天然成分」のみで構成されているという特徴を持っています。

無添加コスメに使用される化学物質はコスメを塗った際の伸びといった使用感を増すために好意的に使用されますが、やはり化学物質ですのでたとえ低刺激な成分であろうと肌に合わない人がいるのも当然です。

かといってオーガニック化粧品が完璧な化粧品というわけでもなく、効果が薄く使用感が悪いといった意見も多く存在しどちらの化粧品も一長一短な性能を持つという事になるのです。

無添加コスメまとめ

無添加コスメには少なくとも薬事法に基づく添加物が含まれておらず、これら102個種類のアレルギー成分に該当しないのであれば比較的安全に使用できるという事が分かってもらえたかと思います。

オススメの入会先は1919gogo.comでしょう。

肌に低刺激だからと言っても、コスメという物は自身の肌とは別の物質を塗ることには変わりなく、人によって肌の状態はさまざまなですので自身のアレルギーや過去どのような食品、どのような物質で拒絶反応が出たかを照らし合わせ最適なコスメ選びを行う事が大切なのです。

レチノールの製品で大人ニキビが解消される理由

肌には、たまに腫れ物が生じてしまう事もあります。いわゆる大人ニキビで悩んでいる方々は、とても多いです。とかく思春期の象徴と表現される事も多いですが、それは大人にもできる腫れ物なのです。

ところで大人ニキビを解消したいなら、レチノールという手段があります。レチノールはニキビ解消に関わる2つの力があるからです。中でも前者の力などは、レチノールの特長と言えます。

レチノールは、肌の入れ替えをしてくれる力があります。古くなった皮膚などを、新しい物に入れ替えるのをサポートしてくれるのです。

もともと人間の体にも、その入れ替えの能力はあります。人間の皮膚なども、だんだん古くなってしまうでしょう。古い皮膚を放置してしまうのは、色々と問題点があるのです。

このため人間の体は、古い皮膚を新しいものに入れ替えています。いわゆるターンオーバーの能力があるのです。

それでレチノールは、その入れ替えに関わる効果が見込まれる訳です。レチノールはピーリングの効果がとても大きく、やはり古い物と新しい物を入れ替えてくれます。

ですから肌が気になる時には、レチノール化粧品を使ってみるのは有効です。

大人ニキビの原因とレチノールのはたらき

ところで肌にニキビが生じてしまうのは、皮脂が関わっているのです。肌の腫れ物は、たいていは菌類に原因があります。肌の表面には多くの菌類も生息していますが、それは腫れ物の原因になるのです。

ただし通常の状態でしたら、さして菌類は大きな影響を及ぼしません。むしろ効果は限定的なのです。
ですが、それも皮脂に左右されます。皮膚の表面からは皮脂も分泌されるのですが、体の表面部分に生息している菌類は、皮脂を栄養分として取り入れているのです。

ですから皮脂が多く分泌される方々の場合は、菌類は多くなってしまう傾向があります。細菌類のエサが多くなるのですから、それも当然です。

なぜ皮脂が多くなってしまうかと言うと、排出がスムーズにすすんでいないからです。皮膚の一番外側の部分には、角質と呼ばれる箇所があります。角質は、皮膚にフタをしているような状態で覆っているのです。

それで皮膚の一番外側に角質が存在しますと、皮脂は体の外にスムーズに排出されづらくなってしまいます。必然的に皮膚内部には、皮脂も多く蓄積されてしまう訳です。

細菌類のエサになる皮脂が多く溜まってしまうのですから、大人ニキビも生じやすくなるという流れが生じるのです。ですから大人ニキビを解消したい時には、角質層を何とかする必要があります。

ところで上記でも触れたレチノールは、その角質層に対して働きかけてくれる力があるのです。レチノールはピーリングの力がある訳ですが、角質層もその対象になります。

角質層が堆積したままの状態では色々問題があるので、レチノールがピーリングで入れ替えをしてくれる訳です。入れ替えの結果、皮膚の一番外側にある角質層が取り除かれる事になります。

それで皮脂が外にスムーズに排出され、細菌類の数も減少する流れが生じる訳です。最終的には、大人ニキビを解消してくれると見込まれている訳です。ですから大人ニキビが気になる時には、レチノールの製品を使ってみる価値はあります。

レチノールでの皮脂量のコントロールが重要

もう1つポイントがあります。肝心の皮脂が作られる量です。
そもそも人間には、個人差があります。皮脂が多く作られる事もあれば、その逆もある訳です。

人によっては皮脂があまり多くないので、ニキビも生じづらい事があります。その逆に、肌の表面に多くの脂分が分泌されていて、自分でも気になっている方々も多いです。もちろん後者の方々は、大人ニキビも生じやすい傾向があります。

つまり大人ニキビを何とかしたい時には、皮脂の分泌量を減少させると良いのです。それを減らすための手段も色々ありますが、しばしばレチノールが使われています。

確かにレチノールは、肌のピーリングに関する効果もあるのです。それだけでなく、皮脂の生成量に関する効果もあります。
レチノールは人間の細胞に働きかけて、皮脂が分泌されるのを抑制してくれる力があるのです。もちろん皮脂の分泌量が減少されると、大人ニキビも発生しづらくなります。

レチノールの効果は個人差がある

ちなみに大人ニキビを解消したいと思うなら、皮脂を細かく除去していくというやり方もあります。ある程度でしたら、それでも十分に対応可能なのです。

しかし、それも皮脂の量に左右される傾向があります。確かに体の中で生成される皮脂があまり多くなければ、肌から除去するやり方でも、何とか大人ニキビを防ぐことはできます。しかし皮脂が作られる量があまりにも多いと、なかなか難しいのです。

そして上述の通り、レチノールの製品を使ってあげますと、皮脂が作られる量も減少されると見込まれるのです。ですから肌のケアなどもだいぶ楽になり、大人ニキビは解消されやすくなると見込まれています。

大人ニキビは、客観的な印象にも大きく関わってきます。それを何とかしたい時には、レチノールを含む製品を使ってみると良いでしょう。